BBS めざせ一流社会人! 中国旅行⑥

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国旅行⑥

どうも!今日も嫁に怒られました。タロウです。
原因はいつ帰るかをメールしないから。
家庭でもホウレンソウが大切だと実感した今日この頃でした。

それでは中国旅行6日目です。

(9月24日)

朝、少し散歩した後、
なかなか来ないヤンフィーを待ちわびて、
ソファーで寝てしまいました。

11;30頃。

僕の肩をゆり動かしたのは、ヤンフィーだった!。
それにも少しびっくりしてたのですが、

なんと!

二人の女の子(リーとチャン)
を連れてやってきたのに、
もっとびっくりしました。

苦あれば楽あり;;。

その子達は英語教師になる固原の大学の生徒らしく、
第二言語に日本語を取っているらしいです。

そんなにかわいくなかったのは、残念ですが
日本人がいるのを聞きつけて、
授業をさぼって来てくれたみたいでした。

4人で昼食を食べた後、
おかみさんの娘さんに挨拶をして、
出発しました。

コンドン山という、観光名所へやってきたのですが、

何と、入館料が一人2,000円!一人で言ってこい!と言われて、
「嫌だ!」とごねたので、
結局リーとチャンの分も払って3人で上りました。

ここは結構すごかったです。
標高2,000メートルくらいの山の上に湖があり、
その周りに本当にたくさんの寺院が点在していました。
(中国仏教のすごさを身にしみました。)

とても一日では回りきれません。

しかも、まだ観光地として整備中で、
至るところで、工事が行われており、
そっち行っちゃだめだ!とかそこは危ない!が一杯ありました。

リーは山登りなどしたことがないらしく、
長い長い階段を上るのに相当手こずってました。

そろそろ暗くなりかけたので、
戻ろうとしたのですが、

帰りの送迎バスが見当たらない。
仕方なく3人で歩いて降りたのですが、

やっぱり長い

歌を歌ったり、
世間話をしたり(英語ってすばらしい~~)
競走したり、

我々を見捨てて降りていく送迎バスを
ブーイングしながら、

何とか、真っ暗になる前には下山できました。

降りた直後、

「今日は、人生で最も美しい一日だった。」
と二人が言ってくれたが、すごくうれしかったです。

その日は平涼という
結構大きめの町で泊まることになりました。

残念ながらホテルで2部屋とって、
軽く風呂に入った後、
4人で食べた食事はおいしかったです。

そのあと、なぜかヤンフィーが悪のりして

ディスコへ行こう!

といいだして、嫌がる3人を強引についれて行きました。

僕も生まれて初めてのディスコで、
生まれて初めて踊り狂いました。

途中でショーが始まり、
何が起こるのか期待していると、
なんと中国雑技をしだしたのです。
(ディスコで雑技って、やはり中国あなどれない。)

ホテルに帰ってヤンフィーの将来の夢について、
熱くノートで語り合って、楽しい一日は幕を閉じました。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金子たろう

Author:金子たろう
どうも!
笑顔が自慢のタロウです。
22歳の男の子です。
青春まっさかり!と思いきや、
結婚・就職という二重苦を背負って
日々奮闘しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。