BBS めざせ一流社会人! 中国旅行⑤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国旅行⑤

どうも。最近繁忙期なタロウです。
レベル20なのに、レベル50で戦うべき敵と戦っている気分です。
そんなこんなで中国旅行5日目です。

(9月23日)

とりあえず朝、散歩した時です。
道を普通に犬、鶏、ヤギ、牛等々の動物たちが
闊歩しているのに、さすが農村だと思いました。

農作業に牛使われているのを見て、
さすが中国だと思いました。

でもそれだけでした。

とりあえず目標にしてたから来たもののそれだけでした。

それからは何もすることがなく、

小学校の中に入りたいと民宿の亭主に頼んでみては、
勝手に行けと言われてしまい、

町唯一の雑貨店で入り方を人に聞いてみては、
言葉が通じず、
なぜか建設現場の責任者の所につきだされてしまい
(どうやら、仕事を探していると勘違いされたみたい)、

ゴミを幼い兄弟をこっそり尾行しようとしては、
すぐにちゃんとした家に入っていってしまい、

期待を裏切られ続けたのでした。

傷心して、広場で中国語の勉強している時、
おかみさんが別の「きれいな女性」とやってきて、
クルミを分けてくれました。

とても嬉しかったのですが、
ザクロも分けて欲しいという願いはかないませんでした。

その「きれいな女性」が
僕の泊っている建物のの民宿のおかみさんだったようで、
どうしてそっちに行けなかったんだ、、

という心で一杯でした。

僕の心を癒してくれるのは、
なぜか広場で日中4時間ぐらい
一人で遊んでいる5歳くらいの女の子です。

普段遊び相手がいないのか、

僕の気をひこうとして、
遊具で危険なことに挑戦し続けるので、
ずっとハラハラして勉強できませんでした。


夜、農村にくれば、
きっと色んな人と夕食をともにできるという、
ウルルン滞在記の見過ぎ的な期待はあっさりと裏切られ、

一人悲しい夕食をとった後、
誰か話相手が欲しい!」と亭主に訴えても、
アダルト本を渡されてしまい、

一緒に酒を飲もう!」と訴えたら、
そこはウイグル系の多い、
イスラムの村だったため、

酒はなめないんだ!と怒られてしまいました。

もうだめだ。
寂しすぎる。
なぜかシャワーも壊れてい使えず、
頭もかゆい。

と絶望にくれて、
年のため教えてもらっていた
ヤンフィーの携帯に必死の思いで電話をかけて

(5回くらい挑戦の末)、
カタコトの中国語で、

ごめんなさい。ごめんなさい。
明日・朝・来てほしい・ごめんなさい。ありがとう


と伝えて、その夜は終わりました。

(夜空は心を表すかのように、星が一つも見えませんでした。)

発見;中国の学校の壁には、やっぱりハイテンションなことが書いてある。
  (教育は未来を開く!みたいな。)
   おかみさんは産毛を処理するのに糸を器用に使っていた。
  その農村の日雇い労働は1日1400円くらい、農家の年収は15万から45万らしい。
  中国の子供服のお尻の部分は、座るとおしりが飛び出るようになっている。
  (最初は破れてると思ったけど、オムツ要らずのエコアイデアだった!)
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金子たろう

Author:金子たろう
どうも!
笑顔が自慢のタロウです。
22歳の男の子です。
青春まっさかり!と思いきや、
結婚・就職という二重苦を背負って
日々奮闘しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。